« Arduino - ArduinoでSDカード | トップページ | Arduino - Arduino Sound Sensor Shield »

Arduino - Arduino用容量倍化ATmega328P到着

明けましておめでとうございますm(_ _)m

正月に発注したATmega328Pスイッチサイエンスさんから到着しました!
これに換装することでArduinoの容量が2倍になるのですよ~

Switchs_atmega328p

予約商品だからもっと時間が掛かるのだろうと思っていたら、なんとも早い到着にびっくりcoldsweats02
しかもお年玉付きでした!

現在スイッチサイエンスさんではお正月セールということで、ATmega328Pが\500で買えます。
しかし自分が注文した時は\750でした。

Switchs_parts

で、何がお年玉かと言うと、ATmega328Pを\750で予約された人には、1個の価格で2個のサービスということです!
太っ腹!良い仕事されてますよ~happy01
他にもシールドキットやらミニブレッドボードやらも注文しました。

--

それでは早速ATmega328Pに換装してみましょう。

Switchs_ic1

まずはATmega168を慎重に取り外します。
IC専用の取り外し器を持っている方はそれで、持っていない方は精密ドライバーのマイナスなどで両側からゆっくり浮き上がらせて外しましょう。

Switchs_ic2

外せたらATmega328Pに乗せ換えます。
ICの足は斜めになっているので、直角になるように予め折り曲げておきます。
ブートローダーは書き込み済みなので、これで換装は終了です。
ICの向きに注意して下さい。1番ピンが外側です。

--

次にATmega328Pに対応したArduinoIDEの入れ換えが必要になります。
スイッチサイエンスさんのATmega328Pのページから入れ換え方法が説明されていて、そこから「ATmega328P用Arduino 0012統合開発環境」をダウンロードします。
現状正常に動作しているなら「JRE無し」で大丈夫です。
HPの検索から移動します現在はメニューのチップ→AVRからアクセスできます)

ダウンロードしたらそのまま上書きコピーするか、これまでの環境をどこかへ退避してからコピーします。
自分はそのまま上書きしちゃいました。
これでインストールは完了。
詳細はスイッチサイエンスさんのところで書かれていますので読んでおきましょう。

 

Switchs_ide1

IDEを起動したら、Tools → Board メニューに「Arduino w/ ATmega328」という項目が増えているので、それを選択します。

これで初期設定は終了なので、取り敢えずスケッチブックにあるサンプルの Blink を転送してみましょう。

 

Switchs_ide2

おぉ、容量増えている!
30720 bytesという値が出ていれば正常かなnote
元々のATmega168では 14336 bytes でした。
転送も問題ありませんでした。

この時点で気づいたことは、転送後に自分でリセットを押さないと実行しない、という点。
これまでは、転送したら自動的にリセットが掛かって勝手にプログラムが実行されていました。
これがバグなのか仕様なのかは分りませんが、そのうち聞いてみます。

これでいろんなライブラリを使っても、そうそうには容量不足にはならないでしょうhappy02
正月セールが終了したら値上がってしまうそうなので、まだ使う予定がない方も在庫あるうちにゲットしておきましょ~

2009.1.8追記
気付いたことについては、現在スイッチサイエンスさんで検証して頂いております。

2009.1.11追記
その後スイッチサイエンスさんではいろいろと試して頂いておりますが、ほぼ再現性がないとのことで保留状態です。
もし同じ現象の方がいましたらスイッチサイエンスさんへご一報願えれば幸いです。

参考までに自分の環境はデスクトップPCがIntel C2D E7200, 2GRAM, Windows XP Home SP3で、ノートPCがHP2133のハイパフォーマンス版でWindows Vista Businessです。
この両方ともで同じ現象となり、個人的にはArduinoの「個体差」ではないかと踏んでます。

もちろんATmega168に戻せばこの現象は起こりません。
余裕があれば他の環境でも試してみます。

2009.3.7追記
Arduino - ArduinoによるAVRライターとATmega328P再換装」にてブートローダーを書き換えることにより、取り合えず解決致しましたm(_ _)m

 

それとArduinoの開発環境(IDE)が起動しないことがありました。
これは今回のバージョンに限らず、以前からそうなんですが、Javaを入れ換えたりしても解決しません。
最新のから古いバージョンのJavaまで試しましたがダメなようです。
VistaではJavaによる問題がありましたが、うちのはXPなんですよね。。。

自分のPCはXPのデスクトップテーマをカスタマイズしているのですが、ある日いろいろ試していたら、どうやらそれが原因らしいと分かりました。
以前からWindowBlindsなどのカスタマイズソフトを使ってテーマを変更・改造していたのですが、一旦テーマをクラシックに戻してからIDEを立ち上げると起動します
他のテーマではなく必ずクラシックにしないとダメらしく、とても面倒だったのでこれらカスタマイズソフトの使用を止めました。

現在は直接テーマを変更するDLLに、パッチを充ててカスタマイズしています。
恐らく表示系に影響を及ぼすものがJavaとコンフリクトしてしまうのではないかなと思います。
ちなみにVistaではカスタマイズしていても、こういう問題はなく起動します(Javaは別インストですけど)。

|

« Arduino - ArduinoでSDカード | トップページ | Arduino - Arduino Sound Sensor Shield »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

ATmega328P良いですねぇ。私も買っておこうかなぁ。
ATmega168シリーズとピンコンパチですよね?

やはり、フラッシュメモリが16KBって場合よっては少ないですよねぇ。

AVGAにもよさそう。

私は容量が足りない場合はATmega168でブレッドボードでメドを付けてあとは基板組んでATmega64にしてしまいます。

投稿: そら。 | 2009-01-07 23:33

オレンジをバックにした接写画像がなかなかきれいです。

特に浅めの被写界深度がイイですね。

まねしてみようかなぁ…

投稿: じゅん | 2009-01-07 23:54

そら。さん、はじめまして(^-^)/
ATmega328Pのデータシート確認しましたらピン互換でしたよ~
内部仕様はいくつか異なるみたいですね。

Flash32KにRAMが2Kもあるとだいぶ楽になりますよね。
でもこの容量はArduinoIDE環境には荷が重くなりそうな気がします(^-^;
買っておいても損はないと思いますよ~

実は何度かAVGA絡みのサイトでお見かけしたことがありますw
ArduinoでAVGAやるとなると、インターフェイス部は楽になりますが、ライブラリ構築次第なのでしょうかね。
それともそういうライブラリが既にあるのかな??

投稿: SatE-O | 2009-01-08 00:28

じゅんさん、こんばんは~
ありがとうございます、そう言って頂けると嬉しいです(^-^)

バックは木のテーブルで、意図的に出来る限りその上で撮影しております。
どちらかというと黄色に近い黄土色なんですよね。
で、撮影時はスタンドライトを近くに動かしてきて、陰影をつけたりのっぺらにしたりしてハイライトと影をコントロールしてます。

更に撮影した画をコントラスト上げ目で、赤のチャンネルを少々上げて暖かみを追加している感じで、それだけでオレンジっぽくなるんですね~
コントラストの強調は配線や輪郭がはっきりしてきます。
それによって青色のArduinoは強調され、赤色はよりビビッドになります。

あとレベルや他の修正は、その時の撮影対象によって毎回変えてますが、面倒な時は適当にレベル調整だけしてますw
もう古いですがリコーのCaplio R5という、マクロ撮影が得意なデジカメを使用していて、おかげで広角端での接写時に良い具合の被写界深度が表現できているようです。

説明ヘタですみません(^-^;
参考になるかどうか・・・

投稿: SatE-O | 2009-01-08 00:52

Arduinoは持っていませんが、普段使いとしてスイッチサイエンスに注文しました。

avrdudeでm168指定で書き込み出来そうです。

ひとまず、AVGAのコードを入れてみようかな。

投稿: そら。 | 2009-01-08 09:44

なるほど、そういうことでしたか(^-^;
単体で使うにしても今なら安いですよね。
328でのAVGAうまくいくと良いですね~
そういえばコメントではお見受けしますが、サイトなどはあるのでしょうか??

投稿: SatE-O | 2009-01-08 18:49

ニキシー管の時計を作ったときに以下のブログを作りましたが、それっきり放置です。(^_^;)
http://nixie.blog123.fc2.com/

いくつか電子工作しているのですが、作り終わると写真撮影や記事を書くのがおっくうになってしまいます。

今はAR1000と言うFM受信モジュールでSDカードに留守録出来るFMラジオを作っています。
完成して気力があったらプログにUPしますね。m(__)m

FMラジオは一通りのハード確認が済んで、LCDのLEDバックライト用の昇圧回路(TL499Aで自作)のスイッチングノイズが音に乗るのでその対策を思案中です。(T_T)

投稿: そら。 | 2009-01-08 19:53

おぉ~ニキシー管ですか!!
昔VFDやニキシーに興味を持っていたことがあって、nixie-tube.comさんとか見てました(^-^)
扱いが怖くって手を出せず終いでしたけど、これって眺めているほうが好きです(^-^;
温かみがあるんですよね~

でも、そら。さん、しっかりニキシー管飛ばしてますねw
作り終わると記事書く気力がなくなるの分ります。
作っている時は勢いあるんですけど、動作させてしまうとそのまま終わってしまうんですよねぇ
出来上がってから途中経過の写真撮り忘れていたのに気付いてがっくりきますorz

FM受信モジュールも面白そうですね~
AVGAと共に楽しみにしてます(^-^)
リンク張らせて頂きますw

投稿: SatE-O | 2009-01-08 21:20

皆様、こんばんは

Caplio R5、偶然ですが以前に分解したことがあります。
http://www.geocities.jp/jun930/ele/caplio.html
マクロ撮影に強くいいカメラと思います。

色合いがトイカメラっぽいなぁと思っていましたが、
コントラストなどいろいろ調整されていたんですね。
綺麗に見える技参考にさせて頂きます。

それから、

そらさんのニキシー管時計味があっていいですね。
留守録出来るFMラジオも楽しそうです。
FM聞くの好きなので、変なアンテナを作ってFMラジオ聞いてます。
http://www.geocities.jp/jun930/ham/mla4.html

ではでは

投稿: じゅん | 2009-01-08 22:37

じゅんさん、R5分解したんですか!!
その上、元に戻せてしまうなんて凄過ぎです(゚ー゚;

結構トイカメラ系って好きなんですよ~
かといって意識してそういう作風にしているわけではないんですけど、このサイト自体かなりlightな内容なんで画もそんな風にしている感じですね(^-^;

他にもToyImageみたいなミニチュア風にするソフトを使えばまとめて加工出来ると思います(^-^)
意図した結果にしにくいですけど・・・
http://www.hirax.net/diaryweb/2006/05/08.html#200605081

投稿: SatE-O | 2009-01-09 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204580/43666214

この記事へのトラックバック一覧です: Arduino - Arduino用容量倍化ATmega328P到着:

« Arduino - ArduinoでSDカード | トップページ | Arduino - Arduino Sound Sensor Shield »